ボアホールスキャナ

高速型ボアホールスキャナ装置「Boretec Type-A」

国土交通省は新技術の活用のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的として、新技術情報システムNETISを整備しています。Boretec Type-Aはその革新性が認められ新技術として登録されています。

構成

ケーブルを削減したシンプルな機器構成で接続ケーブルは4本のみ。使用前のセットアップ時間を短縮できます。

  • ウィンチ
  • プローブ
  • タブレットPC
  • 深度計

特徴

  • 従来機に比べモータ速度3倍で1.8m/minでの観測が可能。観測時間を1/3に削減できます。
  • 高輝度高解像度のタブレットPCを採用でモニタリング時の視認性を向上。
  • 孔内展開図の取得だけではなく、前方視動画の記録にも対応。

標準構成では150mのケーブル長を有し、φ46~300mm程度の孔径に対応。
鉛直孔以外にも傾斜・水平時の観測も可能です。


株式会社スタック製「BSM-100」

※使用部品調達が困難なため、運用終了予定です。

概要

  • ボアホールスキャナ(BSM-100)は、岩盤等のボーリング孔内の観測・記録を行い、
    地下の地質情報を得る装置です。
  • ボーリング孔にカメラを挿入し、孔壁を撮影します。
  • 撮影した画像データは弊社ソフトウェアにより即時利用可能なデータへと変換可能です。
  • 現場におけるボーリング孔内の観測、記録からデータ処理までを簡単・短時間・高品質に行う事ができます。

構成

  1. BSMプローブ
  2. ケーブル及びケーブルウィンチ
  3. 制御機
  4. 深度計
  5. その他(御要望にお答えします)

特長

  • コンパクトで操作が簡単(1人で設置・撮影可能)
  • 鉛直から水平まで対応可能
  • 前方画像、展開画像の取得が出来る
  • 測定データはコンパクトフラッシュ Type IIに記録
  • LAN対応でリモートコントロール計測が可能
  • 対応するボーリング孔はφ47~100mm