ソフトウェア

BH解析ソフト

概要

ボアホールスキャナ(BSM-100)で撮影した画像を展開図に変換します。
亀裂データを取得することにより、シュミットネット図やコンター図を簡単に作成出来ます。

印刷可能な図の一覧

  • 孔内展開図
  • 孔内観測図
  • 割れ目ヒストグラム
  • 割れ目一覧表
  • シュミットネット図及びコンター図

※注意
Boretecで解析業務を行う為には、データの変換が必要になります。データの変換業務を当社が請け負います。

従来のソフトとの違い

  • 解析データの共有化
    解析ソフトがインストールされているPC間でファイルの自由な交換、データの修正が可能です。
  • 読込ファイル形式
    bmp
  • 走向傾斜の表記法
    NS表記、ライトハンド表記
  • シュミットネット図
    亀裂データの種別毎に作成が可能です。

ボーリング画像加工システム

概要

汎用型ボアホールカメラ(方位計や深度計を搭載していないカメラ)で、撮影した画像(歪みや乱れがある)の不具合を 補正するソフトウェアです。

機能

  • 画像データの上下変換
  • 余分画像のカット
  • データ方位の補正
  • 画像の深度補正 ※モニターで表示される画像が補正されますが、データ自体の深度は補正されません。
  • 画像の印刷機能 10m単位で展開図が印刷できます。)


地質調査情報統合表示ソフト

ボアホールスキャナ(BSM-100)で撮影した画像を統合的に表示します。

  • 地質断面図
  • 孔壁画像
  • 割れ目データ
  • 割れ目線図
  • シュミットネット

更に、孔壁画像の柱状表示、回転表示、画像の切り出し保存を可能とすることで 断面図方向に合わせた割れ目の分布の確認性を向上し、 破砕部、断層の状況を詳細に表現することが出来ます。


フリーソフトウェア GuiViewer

機能

  • 柱状画像を上下に移動
  • 水平回転表示